2020年12月03日

色いろいろ X 色の感覚的機能って?

こやまわくわく洋画教室のPainter&AdviserのReikoです。

19世紀半ば以降、写真の登場により
表現を重視する近代絵画が確立し、
20世紀の表現主義や抽象絵画の
台頭となりましたが、
スーラは《 サーカス 》などで
色彩の感覚的機能を理論化し、
表現しました。

また
色彩には暖かさ、冷たさを感じさせる
一般的に暖色•寒色といわれる
感覚的機能もありますね。


ところで
色彩は絵画においては、
同じ色であっても、
顔料の性質の違いや、
その媒材(水•膠•油 等)の違い、
また支持体( 紙•キャンバス•板•漆喰壁 )の
違い等により、
色は異なる結果を生みます。
そしてマティスは
『《 1cm のミドリと 1u の ミドリ》は
同じミドリでも別のものだ。』と
語っています。

また印刷物と原作は
違う感じに見えますね。

機会がありましたら是非
いろいろな作家の原作を観て
いただきたいなと思います。




http://reiko-artroom.com/





posted by Reikoartroom at 08:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: